小児矯正歯科費用

小児矯正の費用は、保険外(全額自費負担)で、一般的な目安として、約30万~60万円です。

大人の矯正と比べると、約半額です。

その他の料金としては相談料、検査・診断料、経過観察料等が別途必要です。

また、審美的な矯正装置を用いれば、割高になります。

小児矯正歯科費用

T小児矯正の費用は、保険外なので、全額自費負担になります。

個々の症例で異なりますが、一般的な目安として、約30万~60万円です。

これは全体矯正の基本料金です。大人の矯正と比べると、約半額です。

小児矯正のメリットは、成長に合わせた柔軟な歯列矯正だけでなく、費用においてもメリットがあります。

基本料金以外には、相談料が1時間5000円です。

相談から実際に治療に移行すれば、相談料は無料になります。

矯正を行うためには、歯並びや骨格の状態を検査しなければなりません。

レントゲン撮影や、もっと精密なCT検査を行う場合もあります。

その他、全身の健康状態も検査対象になります。

それら検査・診断料を合計して約3万~10万円かかります。

矯正装置を装着した後は、1~2ヶ月に1回ペースで経過観察のための通院が必要です。

その経過観察1回につき、3000円~1万円かかります。

以上が一般的な料金体系になりますが、例えば、見えない矯正として人気の高い裏側矯正を行う場合は、表側のワイヤー矯正に比べて1.5倍割高になります。

また、金属の装置は見た目が悪いから、白色半透明セラミックに変えれば、別途5万~20万円かかります。

大人の矯正の約半額とは言え、小児矯正は高額医療に入ります。

実際に矯正に入る前に、費用の内訳はしっかり確認し、納得のいく形で治療に入らないと、トラブルの原因になります。

また、矯正の期間が長くなると、それだけ経過観察料が嵩みます。

矯正終了後には後戻り防止のための保定期間もあります。

一般的に保定期間の長さは、矯正期間とほぼ同じぐらいです。

矯正、保定、すべての治療が完全に終わるまでの総費用を把握できるよう、不安や疑問があれば、ご相談ください。

当院では、最初に詳細な治療計画を立て、費用を含めて明快なご説明を心掛けています。

関連記事