小児矯正歯科

a little smiling girl against a white background

小児矯正に適した時期は6歳から14歳です。

永久歯が生え揃う前に矯正を行った方が、柔軟な矯正ができます。

但し、顎骨の矯正を伴う場合は、3歳からはじめる場合もあります。

小児矯正を行えば、大人になってから矯正を行う必要が殆どなくなります。

小児矯正歯科

子供の時期に行う「小児矯正」は、何歳から何歳までの間にすればいいのか、というご相談をよく受けます。

小児矯正に適した時期としては、6歳から14歳です。

理由としては、永久歯が生え揃う前に矯正を行った方が、柔軟な矯正ができるからです。

骨の成長が止まるのが18歳辺りなので、顎骨の成長を見ながら、永久歯の生え変わりも見ながら、そこに矯正を加えてアレンジするようなイメージです。

但し、歯の移動だけでなく、上顎骨と下顎骨のバランス調整を行う場合は、3歳からはじめる場合もあります。

大人の矯正だと、歯も骨も成長が止まっているので、そこから歯を動かすのに苦労が伴います。骨に手を加えるためには外科手術が必要になります。

歯と骨のバランスを考えると、小児矯正のメリットがさらに浮き彫りになります。

例えば、下顎が上顎よりも前に出ている、いわゆる「受け口」の矯正に有効です。

その反対に上顎が下顎よりも前に出ている、いわゆる「出っ歯」の矯正にも適しています。

奥歯は噛み合うけれど、前歯が噛み合わない開咬(オープンバイト)も、子供のうちに矯正する方が治療効果があると言われています。

その他、永久歯が乳歯の後ろから生えてきて重なるとき、永久歯の生える角度に問題があれば、早い段階で矯正することができます。

一般的に、小児矯正を行えば、大人になってから矯正を行う必要が殆どなくなります。

大人になってから再度矯正するとしても、短期間に良い効果が出やすい傾向があります。

矯正歯科は1960年代にアメリカから日本に導入され、半世紀の間に様々な種類の矯正装置が開発されました。

本格的な矯正の場合、今も昔もスタンダードな方法としては、ワイヤー矯正があります。

歯の表側に金属のブラケットを装着し、ワイヤーで締めて固定する矯正方法です。

しかし、見た目が悪いために、ブラケットを白色半透明セラミックにしたり、また、見えない矯正として、裏側矯正やマウスピース矯正もあります。

関連記事