歯並びの種類

歯並びの種類

矯正治療が必要となる代表的な歯並びの種類について、御紹介します。

出っ歯と呼ばれる上顎前突は、目立つ分、悩んでいる方も多く見られます。
芸能人の中には、出っ歯である口元を個性的な魅力としてキャラクター作りに生かしている方もいますが、一般的には気にして悩んでいる方が多いと思われます。
口を楽に閉じられないなど問題が生じる場合もあります。

type of arrangement     type of arrangement2

受け口と呼ばれる反対咬合は、上下の歯が、前後逆の噛み合わせになっています。
歯の角度や、上あごと下あごのバランスなどが影響して、このような歯の噛み合わせになり、あごの成長にも影響を及ぼします。
また、はっきりとした発音が苦手だったり、上手く噛めないなど問題が生じます。

type of arrangement3     type of arrangement4

八重歯や乱ぐい歯と呼ばれる形は、歯が色々な方向へ乱れたような並び方をして均等に整っていない状態を言います。
上手に歯磨きができないなど衛生上問題が生じる場合もあります。
また八重歯については、少し前の時代の芸能人の口元を見ればわかりますが、可愛いと認識されていた時代もありましたが、現在では日本でも八重歯を治す傾向にあります。

開咬と呼ばれる形については、口を閉じて歯を噛み合わせていても、前歯が開いたままの状態を言います。
指しゃぶりが原因となってしまう事もあり、何気ない日常的な癖でも、このように歯に影響を及ぼしてしまう場合があります。

顎変形症については、あごの変形や深刻な噛み合わせ状態により、外科手術によって上下のあごのバランスを調整したり、更に矯正治療で仕上げる方法です。

自分の歯並びを気にして悩み続けている方が多いと思いますが、自己診断や思い込みで諦めずに、矯正歯科医による相談や検査を参考にして正しい理解を得る事が大切です

関連記事