見えない矯正歯科

見えない矯正歯科

C

見えない矯正や目立たない矯正方法として、近年、色々な矯正歯科治療が選べるようになって来ました。

矯正装置に関しても、かつては、銀色の目立つ矯正装置を使用して矯正治療を行っていましたが、近年では、御希望に応じて目立たない矯正装置が使えるようになりました。
一般的な矯正装置は銀色の金属性ですが、目立たない矯正装置はセラミック製となっています。
セラミックで作られている為、色が半透明となっており、銀色の金属製装置よりも歯になじみ、目立たない仕上がりとなります。
見た目を気にする女性や接客業、アパレル・ファッション関係の方には、この目立たない半透明の矯正装置がお勧めです。

また見えない矯正治療方法としては、舌側矯正・裏側矯正があります。
通常、矯正装置は表に付けますが、この矯正方法は歯の内側に付けて矯正治療を行います。
歯の内側に付ける事により、正面から見えず、全く見た目を気にする必要がありません。

矯正装置の装着方法も、表側に装着する時と同じで、特別な痛みを伴う事はありません。
歯の内側に矯正装置を装着する手間も、表側とほぼ同じです。
治療の進め方に関しても、表側と同じように定期的に調整を行って行きます。

また御希望に応じて、目立つ上の歯にはセラミック製矯正装置を使用し、目立たない下の歯には、銀色の矯正装置を使用する方法もあります。
下の歯は基本的に下唇で隠れ気味なので、目立つ上の歯にセラミック製の矯正装置を利用するだけでも、口元の矯正装置が断然目立たなくなります。
見た目を気にして矯正を諦めていた方には、ぜひお勧めしたい方法です。
どうしても矯正装置に抵抗がある人には、マウスピースを使用した矯正方法もありますので御相談してください。

関連記事