裏側矯正

裏側矯正

backside orthodontics

従来の矯正治療方法に加え、近年では、目立たない矯正治療方法が利用できるようになりました。
矯正装置の見た目を気にする人には、裏側矯正がお勧めです。

裏側矯正は、歯の裏に矯正装置を付ける方法です。
歯の裏側に装着する事によって、付けている事が全く分からないほど目立たない状態で治療が始められます。

歯の裏側と聞くと心配する方もいますが、歯の表側でも裏側でも、矯正治療方法の原則は同じです。
矯正装置を利用して、歯やあごの骨に力をかけ、この引っ張る力を利用してゆっくりと動かして行きます。
動かすと言っても、歯並びや噛み合わせの様子を見ながら、ほんのわずかなミリ単位の調整を繰り返し、理想の歯並びへ仕上げて行きます。
その為、歯の表側でも裏側でも痛み方に大きな差が生じるとか、そういった事は無いので心配は必要ありません。

成人してから矯正を始める方にも裏側矯正は好評です。
何よりも見た目が気にならない為、お仕事への影響もありません。
本人が話さなければ気付かれない程、外から見ても本当に目立たないので、接客業の方にも喜ばれています。

口元の印象は、意外に強く残るものです。
歯並びを整えることで、接客業の方は、自信を持って御仕事ができるといった相乗効果も生まれます。
欧米では、日本よりも歯の関心や美意識が高いので、海外出張が多い営業マンや会社経営者の方、またアパレルやファッション関係の方にもお勧めします。

成人になり矯正治療を始めた方の中には、長年の悩みやコンプレックスからようやく解放されたと喜ぶ方も沢山います。
軽い調整で済む方は、部分矯正という方法もあり、短期間の矯正治療で仕上がる場合もありますので、一人で悩まずに一度矯正歯科で御相談される事をお勧めします。

関連記事