メタルフリー治療

渋谷歯科タナカのメタルフリー治療

当院では、メタルフリー(金属を使用しない)歯科治療を推進致しております。

実は銀歯に使われている素材「パラジウム」は世界で日本でのみ口の中に使用されているものになります。

このパラジウム金属に含まれる成分は

  • 金12%(腐食しにくくする)
  • パラジウム20%(銀の柔らかさを補う)
  • 銀50%
  • 銅16%(銀のもろさを補う)
  • その他2%(亜鉛、インジウム、イリジウム等)

などで様々な金属から構成されています。

パラジウムは金属アレルギー検査で約半数の人に陽性反応が出るとも言われています。

ドイツやスウェーデンでは歯科業界に対して「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行っています。

現在では金属に変わるセラミック治療が増えてきました。そして接着技術の向上、材料の進歩により安定した予後が可能になりました。
患者様にとって、審美性が高く、そしてより安全な治療を提供するという観点から、メタルフリー治療を推進致します。

金属がないことで生活環境も変わる!?


金属(銀歯)による歯科治療は国民皆保険による日本の歯科医療体制が構築された頃から莫大に増えた治療法です。

費用を抑えることで患者負担を少なくするために設定された治療であり、歯の削り方や考え方は現在に至るまで変わっていません。
しかし、見た目の問題やアレルギーとの関連性から最近ではセラミック治療などへと治療方法が変遷しつつあります。

冒頭、日本人しか口の中に銀歯を入れていないという話をしました。つまり、口の中が金属だらけであった場合、海外でそれを見た外国の方はその光景に驚きと興味を持つことでしょう。

海外の方は幼い頃から見た目に対する意識が非常に高い傾向があります。そのため、歯並びが悪ければ早い段階で矯正治療を行い、また歯を綺麗に見せるためにホワイトニングも行なっています。

「自信を持って笑える」というのは人生の中で大きな武器になります。

就職活動・結婚式など人生の分岐点においても、また日々の思い出に残る写真や会話の中でも、白く綺麗な歯は幸せを運びます。

金属だからこそいいこともある!?

金属だからダメなのかというと必ずしもそういうわけでもありません。
金属だからこそのメリットもあります。

“硬さ”です。

硬いからこそ強度に長け、噛み合わせが強い方には壊れるリスクが少ない素材です。あくまで歯科治療で使用する材料は人工物であるため、長期間使用すれば劣化していきます。全てにおいて万能なものなどはありませんが、金属は強度という点ではセラミックなどよりも優位になります。

しかし、金属は歯に接着(くっついている)しているわけではありません。あくまで虫歯を削った部分を充填(埋めている)しているだけです。

そこを繋ぐのは接着剤です。

接着剤も何年も口の中で使用を続けていれば、その接着力が弱まってくることがあります。金属が問題なく歯についていても、実は接着剤が劣化して無くなっており、外れたら中が虫歯になっていた。。。なんてこともあるかもしれません。
そういったことを未然に防ぐためにも歯科医院での定期的なメインテナンスと確認を受けることは必要と言えます。

私たちはメタルフリー治療を通し、患者様の体の健康や、人生を豊かにすることのお手伝いをさせていただければと思っております。
金属に対する不安や、それに変わる治療法などにご興味がある方は遠慮なくご相談ください。