前歯の差し歯(被せ物)

前歯の差し歯にセラミックが選ばれるようになってきた理由

前歯の差し歯にセラミックが選ばれるようになってきた理由についてご説明いたします。
歯のセラミック治療のイメージはどのようにお持ちでしょうか。
「保険がきかないから高い!」「芸能人のように真っ白い歯!」などなどみなさんが思い描いているイメージは様々だと思います。
最近ではセラミックの特徴を理解されて選択される患者様が増えてきました。
その理由についてまとめて説明します。

常に美しい状態が保てる


セラミックの差し歯は経年劣化を起こしません。
事故でぶつけたりでもしない限り、その見た目は完成時と同じような状態を保つことができます。

セラミックの差し歯は自然な歯を獲得出来ます


笑った時に1本だけ真っ白い歯があればそれは誰から見ても不自然に感じますね。
あたかも差し歯が入っているということを周囲に示しているようなものです。そうすると笑顔も自信を持って出来なくなります。
セラミックは透明感を再現出来るものです。歯は透明色があり、光が透けてきれいに映ります。
セラミックは天然の歯と同様にそれを再現出来る材料ですので、周りの歯とほとんど変わりない見た目を回復することができます。

セラミックの差し歯は変色しません


セラミックは変色を起こしません。これは陶器で出来ているためです。
コーヒーやお茶、ワイン、タバコなどの着色物を付着させにくい素材なのです。そのため常に美しい状態を維持出来ます。

セラミックの差し歯は虫歯になりにくい


差し歯にした場合、虫歯になるのは差し歯と歯の境目からです。
境目がいかにぴったりとしているかが鍵になります。
セラミックの差し歯は、型採りの材料から陶器の素材の特徴まで非常に精度に優れたものになります。
そのため虫歯になりにくくなります。

セラミックの差し歯は隙間が出来ません


セラミックはその精度から隙間なく歯に装着されます。
隙間が出来ないということは細菌が入りにくいことを示します。
一方で保険で作られる金属の差し歯では、年数を迎えると徐々に金属が溶け出して隙間が出てきます。
また、歯とぴったりという精度までは兼ね備えていないため、その境目に汚れがたまって虫歯になってしまっていることがあります。

セラミックの差し歯は汚れがつきにくいです


セラミックは汚れがつきにくい材料です。
仕上げられたセラミックはつるつるに磨きあげられ、プラーク(歯垢)をつきにくくしてくれます。
口の中で使用される材料では、プラスチック>金属>セラミックといった順番でプラスチックが最も汚れがつきやすくなります。

 

セラミックは金属を使用しないで製作する


前歯は見た目が重要な部位です。
もしそこに金属が入っていたら歯の透明感もなくなり、不自然な白さになります。
また、歯茎が下がった場合などでは境目の金属が見えてきてしまいます。
その点セラミックは金属を使用していないので、このような状況を回避できます。

セラミックは歯と歯茎を黒くしません


金属は時間とともにその成分が徐々に溶け出します。
そうすると金属が歯や歯茎に浸透してしまうために黒くなってしまうのです。
保険の差し歯や金属の土台(メタルコア)を使用した場合などではそれらが原因で歯や歯茎が黒くなるのです。この金属色は自然に戻ることはなく、歯を削ったり歯茎を切ったりと侵襲も出て難しくなります。
そのため前歯の見た目が気になる部分では、セラミック治療が金属を使用していないことから選択されることが多くなっています。

セラミックで金属アレルギーになりません


ピアスや腕時計など金属アレルギーをお持ちの患者様も増えてきています。
口の中の金属では問題ないという方でも、装着後徐々に溶け出す金属の成分が蓄積することによって突然金属アレルギーになることもあるのです。
今では保険診療でも小臼歯と大臼歯(大臼歯は金属アレルギーの診断書がある方のみ)に強化型のプラスチックの白い差し歯が治療出来るようにもなりました。
このことからも今の世の中の流れで金属アレルギーは問題となっているのです。
セラミックは金属を使用していませんので安心してください。

 

神経がない歯を白く出来る


神経(歯髄)を取ってしまった歯は段々と黒ずんできます。
これは神経には一緒に血管も豊富に存在しているためで、血液供給がなくなることで歯が枯れ木のように栄養と水分を失ってしまうからです。
セラミックの差し歯ではこのような状態でも改善することが出来ます。
神経を除去すると脆くもなってきますので、脆い場合は歯をファーバーコアという土台で補強して強度を得てからセラミックの差し歯を装着していくことになります。

急に変色してきた歯も白く出来ます


神経が残っていても歯が変色することがあります。
よくあるパターンが外傷です。
何かのきっかけにぶつけてしまったりと歯にダメージがかかると、歯の内部の神経が徐々に死んできてしまうことがあります。
痛みなどがないのに歯の色が変わってきてしまった場合は神経が死んできてしまっている証拠かもしれません。
セラミックではそのような歯をきれいにすることが出来ます。
ただし前提として死んでしまっている神経をまずは除去して消毒してあげる根管治療が必要になってきます。
テトラサイクリン症と言い、薬剤の影響などで歯が生まれ持って暗い方もいますが、このようなケースもセラミックの差し歯で対応することができます。

 

セラミックの差し歯で歯並びの改善が出来る


歯並びの改善に矯正治療があります。しかし矯正治療では時間がかかる、器具が目立つなど敬遠してしまう患者様が多いのも事実です。
セラミックの差し歯では軽度な歯並びの改善が出来ます。これによって笑顔を早く獲得出来た患者様も少なくありません。
ただし、まずは差し歯での歯並びが改善可能かどうかを十分に診査する必要があります。

セラミックの差し歯で部分的な歯並びの改善が行えます


少しの歯の傾きなどはセラミックの差し歯で改善することが可能です。
そのためにまずは理想とする歯並びを現在の歯型からシミュレーションしていきます。
シミュレーションにて見た目とともに噛み合わせなど機能的にトラブルが起きることがないかを診査します。
問題がなければ、さぁ治療のスタートです。

まとめ

セラミックの差し歯はたくさんの恩恵をもたらしてくれます。自然な笑顔を獲得出来て、長持ちもする、なおかつ体に安全であるとなると選択する理由が増えてくる治療法です。
気になる方はまずは歯科医院にて相談してみてください。