これで簡単!お口の中で汚れたまりやすい所CHECK!!

あれで簡単!汚れのたまりやすい所CHECK!!

shutterstock_202902928汚れ(プラークバイオフィルム)が糖分を餌にして酸を作ることで歯が溶ける(虫歯になる)というのが虫歯になるメカニズムです。

そのため汚れをしっかり落とすことが重要なので、日々皆さんに歯ブラシの方法をお伝えしています。

 

でも、なかなかどこにどう汚れがたまるかってわかりずらいですよね。

 

一応なりやすい3大部位があるので先に発表します。

 

  • 小窩裂溝(咬み合わせる面)
  • 隣接面(歯と歯の間)
  • 歯頚部(歯の根元、歯と歯茎の境目

 

では実際に実験をしてみてみましょう。

 

【用意するもの】

Zahnbürste mit Zahnpasta und Mund mit Klammerオレオ

以上。

終わったら必ず歯磨きしましょうね!!!!

 

【やり方】

  • 好きなだけよく噛んで食べましょう。1個でも何個でも
  • しっかり飲み込んだら、お口の中を見てみてください

 

いかがでしたか?

オレオは黒いので、食べ物がどこに残りやすいかをわかりやすく示してくれます。

食物繊維が豊富なものや、ナッツ類などは汚れとして残りにくいのですが、普段の食事やお菓子などを食べたときは今回のように汚れが残るので

気を付けて歯磨きしましょう。

 

最後に、、、

実験の後はしっかり歯磨きをしましょうね!