スマイルデンチャー(部分入れ歯)

スマイルデンチャー(部分入れ歯)

スマイルデンチャーとは、「スーパーポリアミドナイロン樹脂」という割れないナイロン樹脂で出来ている部分入れ歯となっています。

歯を失った方は、自分の歯の時のように食事を楽しんだり、会話を楽しんだりしたいという希望をお持ちではないでしょうか。

失った歯を補う治療法にも色々な種類がありますが、その中の一つが入れ歯となります。

部分入れ歯も色々な種類がありますが、大きく分けて保険適用となる入れ歯や保険適用外となる入れ歯があります。

保険適用の部分入れ歯の構造は、失った歯の両隣の歯に金属の留め金をひっかける事で装着し固定します。

金属で留めているだけになりますので、安定性が非常に悪く、物を噛む時には入れ歯が揺れて噛みにくくなったり、歯と歯茎の間に食べ物が挟まったり不快感を感じることが多くなります。

また、金属の留め金を使用していますので、見た目が非常に悪く審美性が著しく低下します。保険適用外の治療となりますが、スマイルデンチャーの部分入れ歯は金属を使用していないため装着しているのがわからないぐらい審美性の高い部分入れ歯となります。

また、スーパーポリアミドナイロン樹脂という材質で出来ていますので、薄い上に軽く弾力性があるため、装着感が非常に良いのが特徴です。

また、スマイルデンチャーは、歯肉から床への移行部分が自然な仕上がりとなっていますので、ひと目では入れ歯を装着していることがわかりません。非常に審美性の高い義歯となります。

デメリットとしては、歯の状態によっては使用できない場合があります。当医院では、自然で美しい歯を取り戻していただくため、診察からカウンセリングを丁寧に行い患者様に合った治療方をご指導いたします。

お気軽にご相談ください。

関連記事