部分入れ歯の相談

部分入れ歯の相談

失った歯を、補う治療法の一つが部分入れ歯となります。

その他の治療法としては、インプラントやブリッジ治療がありますが、その中で短期間で安価に治療できるのが特徴となります。

しかし、この部分入れ歯も様々な種類の入れ歯があります。

大きく分けて保険適用となる部分入れ歯と保険適用外の部分入れ歯です。

保険適用の部分入れ歯治療の倍は、義歯を金属の留め金(クラスプ)で失った歯の両隣の歯にひっかけることで装着する部分入れ歯となります。

保険適用となる治療法のため、安価に部分入れ歯を作ることができます。

しかし、この部分入れ歯は金属の留め金(クラスプ)を使用して装着するため、見た目が非常に悪く審美性が著しく低くなります。

また、安定性が悪く咀嚼の力も天然の歯に比べて20〜30%と低くなってしまいます。

保険適用の部分入れ歯のこうした欠点を補うために研究されたのが、保険適用外治療となる、「アタッチメント義歯」「ホワイトクラスプ」「コーヌス入れ歯」「テレスコープ入れ歯」「スマイルデンチャー」などがあります。

それぞれ、義歯の装着法は違いますが、保険適用の部分入れ歯と比べて安定性が非常に高いのが特徴で、特にコーヌス入れ歯やテレスコープ入れ歯は最高の噛み心地を実現した義歯として注目されています。

また、保険適用外となっていますが、審美性が高いのが特徴となっており、入れ歯を装着していることがわかりづらいというのも特徴の一つです。

失った歯を補う、治療法は様々であり患者様のご希望に応じた治療法を選択する必要があります。

当医院では、患者様のご希望(審美性や仕上がり、予算)などを伺い診察、カウンセリングを行うことで患者様お一人お一人に合った治療法をご指導いたします。

お気軽にご相談下さい。

関連記事