総入れ歯の相談

総入れ歯の相談

歯は一度失ってしまうと、二度と戻ってくることがありません。

物を食べたり人との会話の時に、歯は重要な役割を果たしており、歯を失った方は自分の歯の時と同じように食事をしたり、人との会話を楽しみたいという希望を持たれると思います。

全ての歯を失った方の治療法として総入れ歯を使った治療法があります。

総入れ歯を使った治療法も様々な種類があります。大きく分けると保険適用となる総入れ歯と保険適用外となる総入れ歯があります。

保険で作ることが出来る総入れ歯の場合、上下合わせて約2万円ほどで総入れ歯を作ることができます。

安価なため気軽に失った歯を補うことができます。

しかし、保険で作ることが出来る総入れ歯は、義歯床に歯科用プラスティックで作られています。

プラスティック製の総入れ歯は、強度の問題から分厚くなってしまい装着感や使用感に違和感を感じることが多くなってしまいます。

また、プラスティックは熱伝導性が悪いため、味覚の敏感さが失われてしまうこともあり食事の楽しみもなくなる可能性もあります。

この保険の総入れ歯の欠点を補うのが保険適用外の総入れ歯となります。

保険適用外の総入れ歯は様々な種類がありますが、共通しているのは、審美性に優れており、装着感や使用感が自分の歯の時と近い感覚になりやすいという点が挙げられます。

保険適用外となり治療にかかった費用は全額自己負担となりますが、保険の総入れ歯にはない快適な装着感や使用感を実現することができます。

総入れ歯によってもメリット・デメリットはあります。

それらを知った上でどの総入れ歯が良いか判断するようにして下さい。

また、当医院では、患者様の装着感や予算、審美性などのご希望を伺い、患者様に合った総入れ歯をご指導させていただきます。

お気軽に当医院までご相談下さい。

関連記事