メタルインレー

メタルインレー

ceramic metal inlay

当院の虫歯の治療では、虫歯となる部分を削ります。削り取った後に、元の歯の状態に戻すために詰め物(インレー)をします。

メタルインレーはその詰め物の1つとなります。

一般的に言われているいわゆる「銀歯」というものです。

このメタルインレーは主に奥歯の詰め物として使用されています。

銀色の金属の詰め物(インレー)で、主には「金銀パラジウム合金」という金属が使用されています。

金属パラジウム合金を使ったインレーは、保険適用となりますが、歯科医院によっては保険適応外となっている場合がありますので、事前にかかりつけの歯科医院の医師に相談して下さい。

また、ニッケルクロム合金という金属のインレーも保険適用の金属インレーとなるのですが、金銀パラジウム合金よりも物が悪く、金属アレルギーを引き起こすリスクが非常に高いためあまり使用されていません。

このメタルインレーを使った治療費は、1300円から1800円と非常に安価で治療を受けることが可能となります。

メタルインレーのメリットですが、一番のメリットは金属を使用しているため非常に強度が強く、強い力のかかる奥歯などの部位にも使用出来ます。

しかも、保険適用となりますので安価で治療を受けることができます。

デメリットとしては、審美性の問題が挙げられます。

メタルインレーは銀色をしていますので、大きく口を開いた時に目立ちますので見た目がよくありません。

また、経年変化によって金属が溶け出し、歯や歯茎が黒っぽく変色しやすくなります。

また、金属の使用により金属アレルギーを引き起こすリスクがあります。

デメリットの問題が目立ちますが、審美性を求めず安価な治療を求める方はメタルインレーがおすすめです。

関連記事