ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー

当院の虫歯の治療では、虫歯となる部分を削ります。

削り取った後に、元の歯の状態に戻すために詰め物(インレー)をします。

ハイブリッドインレーはその詰め物の1つとなります。

ハイブリッドインレーの材質は、セラミックの粒子とレジン(歯科用プラスティック)を混ぜて作られたインレーです。

天然の歯の色調を再現しやすく審美性が高いインレーとなっています。

メリットとしましては、天然の歯に近い色を再現していますので見た目が良いという点と、金属を使用していないため、経年変化による金属の溶け出しによる歯と歯茎が黒っぽく変色するという事がありません。

金属アレルギーのリスクが無いもの特徴です。また、陶器製のセラミックインレーよりも材質が柔らかいのが特徴で、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。

デメリットとしては、コンポジットレジン充填ほどではありませんが、経年変化により多少変色があります。

メリットである、硬過ぎないという点がデメリットとなり磨り減りやすいという面があります。

そのため、セラミックインレーと比べて耐久性が劣ります。

1本当りのハイブリッドインレーの大体の相場では、3万円から5万円と高額な治療法となりますが、金属を使ったインレーのリスク(経年変化による金属の溶け出しによる歯と歯茎の変色や金属アレルギー)を考えると審美性も高く、周囲の歯を痛めにくいハイブリッドインレーが良いかもしれません。

セラミックインレーと比べて耐久性の問題がありますので、耐久性や審美性の問題など不安な事がございましたら、お気軽に当院までご相談下さい。

 

関連記事