ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックについて書いていきたいと思います。

セラミック治療に使うセラミックにも色々な種類があります。ジルコニアセラミックとはまさにその種類の一つです。

色々な種類があるのは、全てをセラミックで作った場合、かなりの高額となってしまいます。

そうなると、セラミック治療を受けたくても金額がネックで治療を受けることが出来ない人が多くなってしまいます。

そこで、少しでも安くセラミック治療を受けることが出来るようにセラミックも様々な物を用意しています。

安価に出来るセラミックの一つにメタルボンドセラミックという物があり、外側はセラミックを使用し、内側を金属に使っているものということになりますが、金属を使用した場合、金属が解け出して歯茎の変色や金属アレルギーなどの問題も出てくる恐れもあります。

そこで、このジルコニアセラミックは外側はもちろんセラミックを使用し、内側の金属の代わりにジルコニアを使用した物となります。

ジルコニアセラミックの特徴としては、色が歯に似ているため審美性が非常に高く、マスキング効果に優れているため土台の金属が透けて見えにくくなっています。

また、ジルコニアは非常に固く割れにくいのでほとんどの部分に使用することができます。金属を一切使用しないので、経年変化による金属の溶け出しにより歯茎の変色、金属アレルギーのリスクが低い。という事が挙げられます。

デメリットとしては、保険適用外の治療となりますので値段が非常に高く、10万円から20万円ぐらいすると言われています。

また、ジルコニアは新しい素材のため長期間使用した場合について、どうなるかという予後にについては、まだはっきりとわかっていない治療法となります。

保険適用外の治療となりますので、不安な事がございましたら、お気軽に当院までご相談下さい

 

関連記事