メタルボンド

メタルボンド

ceramic metalbond

メタルボンドとは、簡単に言えば外から見える部分はセラミック(陶器)を使用し、内側は金属をしようしたものがメタルボンド(陶材焼付鋳造冠)です。

特徴としては、見た目が良く変色せず審美性が非常に高いことが挙げられます。

また、歯を作る時の土台に金属を使用しています。そのため、非常に丈夫で強度が強く長持ちします。

審美性と強度が強いというメリットがあります。その他のメリットとしては、強度が強いのでほとんどの部位に使用することができる。

セラミックの特徴で色調を選ぶことができる。天然の歯に非常に似ているので審美性が高い。

矯正治療のように時間がかからず、短期間での治療が可能となります。

メタルボンドの治療は、メリットが非常に多いのですが、もちろんデメリットもあります。

デメリットとしては、金属を使用することにより金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

特に、銀やニッケルクロムなどの金属の含有量が多い場合金属アレルギーを引き起こす可能性が高くなります。

こういった金属を使用せず貴金属を使用することで金属アレルギーを引き起こすリスクを軽減することができます。

また、経年変化により、金属が溶け出して歯と歯茎の境目が黒っぽく変色する恐れがあります。

また、色調も天然の歯と遜色が無いぐらいではあるが、見た目はオールセラミックには劣ります。

裏側からは金属が見える。というデメリットがあります。

金額を気にせず、高い審美性を求める方にはメタルボンドはおすすめできません。

メタルボンドの大体の治療の金額ですが、相場では8万円から15万円とセラミック治療の中では安価な部類に入っており、気軽に治療を受ける事が可能となります。

短期間に歯並びや、歯の大きさ、歯の形を治したい人や、昔に治療の際に入れた銀歯や金歯が見えるのが気になる人。

歯の神経をとってしまって、歯が黒ずんできて気になる人。など、メタルボンドの治療をお勧めいたします。

関連記事