ハイブリッドクラウン

ハイブリッドクラウン

ハイブリッドクラウンは、セラミック(陶器)とレジン(歯科用プラスティック)を混ぜて作られたクラウンとなっています。

オールセラミッククラウンよりもやわらかく周囲の歯にダメージを与えにくいクラウンとなっています。

ハイブリッドクラウンを使った治療法のメリットですが、天然の歯に色が非常に似ているので審美性が非常に高いので、自然で綺麗な仕上がりが可能となります。

また、オールセラミッククラウンのデメリットとなった、硬さの問題もクリアーしており、硬過ぎないので周囲の歯や噛み合わる歯にダメージを与えにくいのが特徴となっています。

ハイブリッドクラウンは金属を一切使用しないため、経年変化による金属の溶け出しによって引き起こされる、歯と歯茎が黒っぽく変色するというリスクを回避することができます。

金属を使っていないので金属アレルギーの心配も一切ありません。

ハイブリッドクラウンと使った場合のデメリットですが、審美性は高いもののオールセラミッククラウンと比べると劣ります。

また、経年変化による変色があります。

強度的に歯を痛めにくいのですが、その強度があだとなり割れることがあります。

そのため噛み合わせの状態によっては使用できない場合があります。そして、長期的予後についてはまだはっきりと分かっておらず、実際に使ってみないとどうなるかは分かりません。

保険適応外の治療法となるため4〜12万円となり高額となります。

デメリットもありますが、審美性が高い治療法となりますので、治療の候補の一つとして考えられるのも良いかもしれません。

保険適用外の治療となりますので、不安な事がございましたら、お気軽に当院までご相談下さい。

 

 

関連記事