硬質レジンクラウン

硬質レジンクラウン

硬質レジンジャケットクラウンは、クラウン全体が「硬質レジン(歯科用プラスティック)」という材質でできているクラウンです。

この硬質レジンジャケットクラウンは保険適用となる治療法のため3000円から5000円(保険適応3割負担)と安価に治療を受けることが可能となります。

この硬質レジンジャケットクラウンのメリットは、硬質レジン(歯科用プラスティック)を使用しているため色が天然の歯の色調に非常に似ているので審美性の高くなっています。

また、金属を使用していないため、経年変化による金属の溶け出しによる歯と歯茎が黒っぽく変色するというリスクを回避することができます。

また、金属を使用した場合は金属アレルギーのリスクを抱えますが、硬質レジンジャケットクラウンは歯科用プラスティックを使用しているため、金属アレルギーのリスクを回避することができます。

安価で審美性の高い治療法となりますが、デメリットももちろんあります。

デメリットとしては、経年変化による変色があります。

また、歯科用プラスティックを使用しているため、強度が弱く奥歯などの強い力のかかる部分には向かないと言われています。

この強度の問題で、磨り減りやすいという問題もあります。

また、硬質レジンジャケットクラウンは汚れ(プラーク)がつきやすく日々の衛生管理が必要となります。

保険が適用となるのは前歯と犬歯のみとなり、奥歯には適応されません。

前歯・犬歯の治療を安価で済ませたいという方の場合は、硬質レジンジャケットクラウンが良いかもしれません。

どのクラウンを選択すれば良いのか?少しでも不安な事がございましたら、お気軽に当院までご相談下さい。

 

 

関連記事