ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

ゴールドクラウンとは、金合金や白金加金(ゴールドとプラチナの合金)などの貴金属を使用したクラウンです。

貴金属は錆びにくいという特徴があり、金属を使用した場合のリスク。

経年変化による金属の溶け出しによって引き起こされる歯と歯茎が黒っぽく変色するというリスクや、金属アレルギーのリスクが回避されます。

また白金加金(PGA合金)は金合金にプラチナを加えた物で、色が銀色に近くなります。

また、白金加金は、現在最も良い歯科金属であると考えられています。このゴールドクラウンを使った場合のメリットとしては、金属のため非常に強度が強く、ほとんどの場所に使用ができます。

また、歯との適合が非常に良く二次的な虫歯になりにくです。

また、金属を使った時のデメリットである経年変化による金属の溶け出しによる歯と歯茎が黒っぽく変色するという事もなく、金属アレルギーなどが起こる可能性が非常に低くなります。ゴールドクラウンは理想的な歯科用の金属です。

しかし、このゴールドクラウンを使った場合のもデメリットもありますので紹介したいと思います。

ゴールドクラウンのデメリットは何と言っても審美性が挙げられます。

オールセラミッククラウンなどでは審美性を追求したクラウンですので自然で綺麗な治療が可能となりますが、ゴールドクラウンは金属のため、見た目があまり良くありません。

そのため、虫歯治療をしたというのがすぐにわかります。

また、保険適応外治療となるため値段が高く4〜12万円ほどかかります。また、歯科医院によっては保険外の場合でも金銀パラジウム合金のような保険適用となる金属を使用している歯科医院にあります。

保険適用外の治療となりますので、不安な事がございましたら、お気軽に当院までご相談下さい。

関連記事