オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

all ceramic crown

オールセラミッククラウンとは、クラウン全体がセラミック(陶器)でできているクラウンとなります。

全てセラミック(陶器)でできているため、審美性が非常に高く見た目が非常に良い治療法となります。

このオールセラミッククラウンを使った治療法のメリットですが、審美性が高いことが挙げられます。材質がセラミック(陶器)を資料しているため天然の歯の色調に近い色であるとともに、経年変化による変色がほとんどありません。

見た目が自然な仕上がりとなるため、治療したのがわからないほど綺麗な仕上がりです。

また、このセラミッククラウンは汚れ(プラーク)がつきにくいので、日々の衛生面の問題も心配がありません。

また、金属を一切使用しないため、経年変化による金属の溶け出しによって引き起こされる、歯と歯茎が黒っぽく変色するというリスクを回避することができます。

また、金属アレルギーの心配が一切ありません。理想的なクラウンとなります。

しかし、デメリットもあります。デメリットはセラミック(陶器)を使っているため割れやすいというリスクがある上に、セラミック(陶器)は天然の歯よりも硬いため、周囲の歯や噛み合わる歯を痛めるというリスクがあります。

また、治療の際に歯を削るようが比較的多くなってしまいます。

ジルコニアクラウンと同じように長期的予後についてはまだはっきりと分かっておらず、長年使用することでどうなるかは使ってみないことにはわかりません。

その上、保険適応外の治療となるため8〜15万円とかなり高額な治療法となります。

保険適用外の治療となりますので、不安な事がございましたら、お気軽に当院までご相談下さい。

関連記事