クラウン

クラウン

crown

虫歯治療をする際には、虫歯菌に侵された部分を削ります。

クラウンとは、削った後に元の歯の形に整えるために使用される補綴物(補綴に使用する人工で作った、インレーやクラウン、義歯、インプラント)の一種となります。

クラウンを使った治療は、虫歯を削った箇所が大きくなり欠損部分が大きい時や、噛み合わせの力が強い部分などの治療に用いられる場合があります。

クラウンといっても様々な種類があります。保険適用となるクラウンから紹介したいと思います。

「硬質レジン」という歯科用プラスチックを使った「硬質レジンジャケットクラウン」があります。

保険適用となった場合3000円から5000円ほどで治療が可能となります。

しかし、プラスティック製という事もあり、強度的な問題があるクラウンです。

次に、保険適用外の自費で治療費を負担するクラウンを紹介したいと思います。

外側は審美性の高いセラミック(陶器)を使用し、内側は白くて硬いジルコニアを使用した「ジルコニアクラウン」。

1本当たり10万円から20万円と高額な治療費となりますが、審美性が高い上に強度も強く経年変化による変色がほとんどないクラウンとなります。

次に、クラウン全体をセラミック(陶器)を使用した「オールセラミッククラウン」があります。全て陶器で出来たクラウンです。

審美性が高く経年変化に変色がありません。

ただ、割れやすいというデメリットもあります。

次に、セラミック(陶器)とレジン(歯科用プラスティック)を混ぜて作られた「ハイブリッドクラウン」があります。

審美性が高くお値段もオールセラミックなどに比べると安価ですが、経年変化による変色のデメリットがあります。

次に、金合金や白金合金などの貴金属をした「ゴールドクラウン」があります。

貴金属は錆びにくいという特性があるため、二次的な虫歯のリスクや金属アレルギーなどの心配はありません。

ただ、金属をしようしているため審美性は著しく低下するデメリットがあります。

関連記事