虫歯の細菌

虫歯の細菌について

虫歯は、細菌感染ですと患者さんに伝えるとびっくりされる方が非常に多いです。細菌感染?虫歯菌として有名なのはミュータンス菌になります。皆さんも1度や2度聞いたことがことがあるのではないでしょうか?虫歯菌(ミュータンス菌)が、どのようなことをして虫歯をつくるのか?をできるだけわかりやすく説明します。

ミュータンス菌

 虫歯を引き起こすミュータンス菌は、もともとお口の中に常在している菌とります。そもそもですが、お口の中にいつも存在している菌になるわけです。このミュータンス菌のエサは、糖になります。エサの糖を食べるとミュータンス菌は、酸を生成するわけです。この酸が歯を溶かすわけですね。通常は、唾液がこの酸を中和してくれますが、食事をして歯ブラシをしないと汚れの中の糖がどんどんミュータンス菌のエサになりますので、酸がどんどん排出されて歯を溶かすということになります。そのため、食後の歯ブラシが非常に重要となるわけです。

一度溶けた歯は、もう元に戻ることはありません。そのため、歯を大事にする必要があるわけですね。また、虫歯を予防する観点から、もう一つあげると唾液をしっかりと出す必要があります。唾液は歯の再石灰化を促しますし、糖を洗い流してくれるのでくれるので、積極的に唾液腺より排出した方がよいですし、夜寝ている間は、口の中が乾いて唾液が出ないことが考えられますので、寝る前の歯ブラシは、必須になるわけです。

関連記事