虫歯の細菌

虫歯の細菌

Smiling Lips

現代では歯についての研究も進み、歯医者さんも身近に感じられるようになって来た方もいると思います。

昔は歯医者さんによってはレントゲンさえも撮影しない歯科医院もクリニックもありましたし、虫歯が出来たらペンチで引っこ抜くと言う怖い思い出を持っている方も知っていますが、今から考えると菌が怖いですよね。

歯と菌は関係ないように思う方もいるかも知れませんが、プラークとも呼ばれる細菌は口の中で急速に増える事もあります。

虫歯はお菓子を食べるとなると言う事は確かですが、菌も繁殖しやすい環境によって増えていくので、お菓子を食べたら虫歯になるとだけは言えないです。

歯医者さんに診察してもらい歯の菌の事を教えてもらうことも大切ですし、歯科医師に歯の菌の怖い所を尋ねてみて、お口の中の菌について詳しくなればな
るほど、虫歯の怖さ、歯の菌の怖さを実感すると思います。

Curious fungus

ただ、歯科医院でも、歯科クリニックでも医師によって正しい診断がされるかどうか不安になる方もいると思いますが、口コミを見て、体験談を見て判断するのも良いと思います。

虫歯菌を長年ほっておくと、違う歯まで悪い歯になってしまう事もありますので、自己判断ではなく、色々とインターネットでも、それ以外でも正しい情報と医療機関を知ることはとても大切だと思います。

虫歯菌は簡単になくなるものではないですし、プラークコントロール(虫歯菌を除去する為の努力)をしていても歯を抜かなければならない事もありますが、それは覚悟している方も、していない方もいると思いますが、抜歯することになる前に歯科医院に通院する事は大切なことだと思います。

歯は白いからよいわけでもないですので、市販品で虫歯をホワイトにしても本当の意味での白い、ホワイトの歯になる為には、何度言っても歯医者さんに行くことは意味がありますし、その後にプラークコントロールを考えていく事は大切です。

関連記事