虫歯の原因とおすすめの予防方法

虫歯について

虫歯この時期話題のカキ氷やアイスクリーム。食べるとしみるーっ!痛いーっ!と感じますか?

それ、虫歯や知覚過敏のサインです。

また、しっかり歯科医院に通っているのに、虫歯になってしまう。治療してもまたすぐ虫歯になってしまう。。なんて感じた事はありますか??

 

今回は虫歯について簡単にお話しします!

〜そもそも虫歯ってどうしてなるの??〜

程度がひどい虫歯

虫歯は、虫歯菌が産生する酸によって歯が溶けてしまう事が原因です。虫歯菌のエサは糖です!

糖でなくても、酸性食品でも歯が溶けてしまいます。

 

歯磨きができずに、虫歯菌が増殖しているにもかかわらず、虫歯菌の栄養である糖(甘いものや炭水化物など)を与えてしまうと、虫歯になってきてしまいます。

 

あとはこの他に、食事回数、食べる物、時間、歯の強さ、唾液の量や質なども原因となってきます。

 

〜虫歯菌はどこからでてくるの??〜

バイオフィルム

虫歯菌は歯垢(バイオフィルム)の中に生息しています。

虫歯になりにくい人は、虫歯菌が定着していないためです。

虫歯菌が定着するのは生後19〜31ヶ月(感染の窓)と言われています。

ここで感染しなければ、その後の虫歯のリスクはかなり低くなりますので、ご家族はこの時期は気を付けてください!!

 

〜歯磨き粉の虫歯予防成分ってなに?〜

虫歯予防成分とは、フッ素といいます。大体の歯磨き粉に入ってますが、ゆすぎすぎるとほとんどお口に残らないので、できれば1回でとどめてあげると効果的です

このフッ素、虫歯菌が溶かした歯の表面を修復したり(再石灰化)、酸に溶けにくい歯を作ってくれます!虫歯になりやすい人は、フッ素入りの歯磨き粉を使いましょう!!

関連記事