唾液が少ないと口臭を引き起こす?

唾液が少ないと口臭を引き起こす?

What have I gotten into

口の中には、唾液によって細菌の繁殖を抑えたり、洗浄する作用や粘膜を守る働きがあります。
唾液の量が減ってしまうと口の中が渇き、不衛生になります。
不衛生になるという事は、虫歯や歯周病などになりやすく、口臭の原因にもなります。

この他、唾液の量が少なくなると、舌の部分に汚れがたまりやすくなり、舌苔と呼ばれるものが口臭の原因になります。
毎日歯磨きをしているのに口臭が気になるという人は、舌が汚れていないか確認してみましょう。
舌が白くなっている場合は、歯ブラシで優しくこするときれいになります。
またマウスウォッシュとよばれるものも殺菌作用があるので、口の中を清潔に保つことができます。

口内環境と呼ばれる口の中では、唾液の働きが大切な役割を果たしています。
唾液の量は年齢と共に少なくなってしまうので、できる限り口の中が清潔に保てるように工夫が必要です。
また若い人でも、ストレスを感じた時には唾液が減り、口の渇きを感じる時があります。
ストレス以外では、空腹時にも唾液が減ります。
口の中が渇いたと感じた時には、水分補給をしたり、意識的に舌を動かして唾液の分泌を促すと口臭予防になります。

また年齢に関わらず、就寝時には唾液が減り、口の中で細菌が繁殖しやすくなります。
このような身体の仕組みにより、起床時には誰でも口臭を感じやすくなります。
就寝前には、歯を丁寧に磨くことが大切です。
最近では、長時間殺菌効果が続くような就寝前用のマウスウォッシュも発売されているので、自分に合う物を利用したり、上手に工夫できると口臭予防になります。

また口臭の原因がわからず、気にしたり長い間悩みつづけている人は、医療機関で相談したり、早めに原因を調べもらうと良いでしょう。

関連記事