口臭の原因

口臭の原因

Breath cause

最近、歯や口の中の健康に関心が高まっています。

薬局では、たくさんの関連商品が並び、日本人の関心の高さを表しています。

人に相談できずに長い間気にしている人や、深刻に悩んでいる人は、早めに一度医療機関で相談されることをお勧めします。

口臭は、身体の病気が原因となっている場合もあるので、思い込みや自己判断ではなく、正しい診断が大切です。

口臭の原因については、口内環境による原因と、体質的な原因が考えられます。

まず口内環境による原因として一般的なものは、歯垢や歯石など汚れが原因となっている場合があります。

歯磨きの際に磨き残しがあると、歯垢や歯石がたまり、口の中で細菌が繁殖して口臭の原因になります。

毎日歯磨きをしているから大丈夫と安心している人でも、磨き残している可能性があるので注意が必要です。

歯並びの形によって、歯ブラシがよく当たっていない部分に歯垢がたまり、慢性化すると歯石となります。

このような汚れが虫歯や歯周病、舌苔の原因となって臭う場合もあるので、歯磨きの際には特に気をつけましょう。

また睡眠不足やストレスなども原因として考えられます。

睡眠不足や強いストレスが唾液を減らし、少なくなった唾液が口の中を不衛生にしてしまうこともあるので、健康的な生活を心がけましょう。

体質的な口臭の原因としては、身体の病気が口臭に影響を与えている場合があります。

例えば、腸や胃、肝臓などに異常がある場合です。

口臭には、このような病気のサインを表している時もあるので、気になる場合には身体を調べてもらうと良いでしょう。

口臭を気にしている人の中には、人との会話を避けたり、消極的になってしまう人もいますが、一人で悩まずに医療機関などで早めに一度相談してみましょう。

関連記事