歯がしみてたまらない!知覚過敏の原因と対策とは?

渋谷歯科タナカのブログ担当Sです。

突然ですが、知覚過敏という言葉を聞いたことはありますか?

私はすごく歯が痛くて悩んでいて、絶対虫歯だと思っていた歯がありました。しかし、歯医者で診てもらうと「知覚過敏」という症状だったのです。

それまで「知覚過敏」というものを聞いたことはあるものの、どの様なものなのか全く知りませんでしたし、どうして知覚過敏になったのかも思い当たりませんでした。

 今回は、その時知った知覚過敏の症状・原因・対策をご紹介します!

知覚過敏の症状

知覚過敏の症状当院の医師から教えてもらったことですが…お口の中の歯の表面は、身体の中で一番硬いエナメル質に守られているそうです。

このエナメル質は骨より硬いのですが、日々のさまざまな原因によって削られてしまうと、象牙質がむき出しになります。

象牙質には、歯の神経である歯髄につながる象牙細管の穴があり、この穴から、冷たいものや熱いものの刺激が入り込むと、歯がしみるという感覚が起きてしまうそうです。

この症状が知覚過敏なのでした…!!

冷たい風に当たるだけでも、しみることがあるんですよね…。

知覚過敏の原因と対策

思い当たらなかった知覚過敏の原因・・・それは毎日の歯磨きの仕方、酸が含まれる食品、歯ぎしり、噛み合わせの悪さでした!

歯磨きの仕方

知覚過敏の原因 歯磨きの仕方力を入れて日々歯を磨いていると、徐々にエナメル質が薄くなってしまいます。

歯磨きをする際は優しく磨くようにすると良いそうです。知覚過敏用の歯磨き粉もオススメされました。

私は渋谷歯科タナカで売っているヒスケアという歯磨き粉を使用し始めましたのですが、知覚過敏ですごく痛かった歯が、今は落ち着いています。

酸が含まれる食品の摂取

知覚過敏の原因 酸性の食べ物代表的なものは、コーラやサイダーなどの炭酸飲料ビールやワインといったアルコール類も同じです。あとは柑橘系の果物や梅干しだそうです。

そう言えば私もついつい摂取しがちでした。知覚過敏の原因の1つなので頭の片隅にいれておきましょう!

歯ぎしり

知覚過敏の原因 歯ぎしり歯ぎしりは寝ている間とか無意識のうちにしていることがあるので、その際に削れているそうです。

原因は疲労やストレスの蓄積。疲労やストレスをためすぎない生活を目指したいですね・・・。

夜寝ている間の歯ぎしりを防ぐには、ナイトガードがオススメです!

私も夜ナイトガードをして寝ています。初めは違和感がありましたが、だんだん慣れてくるとそれが普通になりました。

知覚過敏で痛みが気になる方は、痛みも軽減しますし、ナイトガードを歯医者で作ってみてはいかがでしょうか?

噛み合わせの悪さ

知覚過敏の原因 噛み合わせ歯の噛み合わせが悪いことで、なぜ知覚過敏になるのか不思議でしたが、医師によると、一部の歯だけに力がかかり過ぎてしまうことで歯が削れて、知覚過敏になるのだそうです。

この場合は歯医者さんで歯列矯正をするのも良いらしいですよ。

まとめ

知覚過敏 まとめ私は知覚過敏で、ご飯も食べれなくなるくらい痛い思いをしていたのですが、治療をしナイトガードを作り歯磨きの仕方を変え(歯磨きをガシガシ磨くのをやめて柔らかめの歯ブラシを使い始めた)、夜はナイトガードをはめて寝ていましたら、いつのまにか自分が知覚過敏だったことも忘れてしまうくらい痛みが無くなりました。

もし歯がしみるとお悩みでしたら、歯科の事について色々と分からないことだらけだと思うので、1度受診してみてはいかがでしょうか?

歯医者が怖いとか面倒臭いと思われるかもしれませんが、お悩みの症状の意外な原因が分かったりします。

知覚過敏に限らず、症状が進行してからでは手遅れになってしまうこともありますので、思い立ったらその場で電話をかけてみましょう☆

SNSでもご購読できます。