歯科医院スタッフ推薦の歯磨き粉「コンクールシリーズ」のご紹介!

最近はまっているのがコンクール(ConCool)シリーズ

今回は歯磨き粉についてです!最近はまっているのがコンクール(ConCool)シリーズなので、今回はコンクールシリーズについて紹介していきます。

まずは基本的な事なのですが、皆様歯磨き粉のつける量は知っていますか?私も今までは全然知らなかったので、いつも歯ブラシのヘッドの全体に今まではつけていました。

実は歯磨き粉をつける量はヘッドの三分の一くらいで大丈夫なのです。逆に全体につけるのは量が多すぎなのです。これからは小豆粒大くらいの歯磨き粉の量で磨いていきましょう。

そして開封後は半年くらいが目安です。

それでは本題に入ります。

ジェルコートF

ジェルコートF

まずはジェルコートFについてです。

ジェルコートFはフッ素が沢山含まれています。フッ素濃度は950ppmです。ちなみに日本で販売できるフッ素濃度は1000ppm以下とされています。

ジェルコートFは名前の通りジェルで出来ているので歯を磨くと歯をフッ素でコーティングしてくれます。発泡剤、研磨剤が無配合なので口の中が泡だらけにならず、なおかつ研磨剤も入っていないので歯を傷つけたりすることもありません。結構歯磨き中に泡立つのが苦手という方もこれならオススメです。

以前苦手という方にこれを試して頂いたら泡だたないのでいいですねと言っていました。味はミント味なので歯磨き終わりはさっぱりと爽やかな感じになります。

使い方としてジェルコートFで歯磨きをした後に数回口をゆすぎます。もう一度ジェルコートFを歯ブラシにつけて歯全体に行き渡らせるようにブラッシングをして、その後は一回だけ軽くうがいをします。とてもツルツルとしてリピーターも多い気がします。

効果
再石灰化を促進、虫歯菌、歯周病菌を殺菌する、歯周炎、歯周病の炎症抑制、プラーク付着抑制、プラーク、ステインの原因の除去
成分
塩酸クロルヘキシジンは殺菌効果、フッ化ナトリウムは再石灰化、Bグリチルレチンは消炎効果、ポリリン酸ナトリウムはプラーク付着抑制効果

ジェルコートIP

ジェルコートIP

次にジェルコートIPについてです。

ジェルコートIPはインプラントを使用している方にオススメです。インプラントを傷つけたりすることなくしっかりと予防が出来ます。

インプラントが傷つくと二度と戻りませんので、フッ素や研磨剤などインプラントを傷つけたりする恐れのある成分は無配合になっています。インプラントを守るためにフッ素は無配合になっていますが、クロルヘキシジン酸が入っているために高い殺菌力で歯周病を防ぎます。

なかなか普通の歯磨き粉でインプラント専用の歯磨き粉は売っていないと思うのでオススメです。

効果
虫歯の発生および進行、歯周炎、歯肉炎の予防、口臭の防止
成分
塩酸クロルヘキシジンは殺菌作用、Bグリチルレチン酸は抗炎症作用、酢酸トコフェロールは血行促進作用、ビタミンCテトラヘキシルデカン酸は抗酸化剤、OIM加水分解コンキオリンは湿潤剤、ポリリン酸ナトリウムはキレート剤

コンクール

コンクール

最後にコンクールです。

コンクールはマウスウォッシュです。コップ一杯の水に数滴コンクールをまぜてすすぐだけで長時間効果を実感できます。そして何よりこの一本で360回から700回分もあるのでかなりお得だと思います。

またコンクールはピリピリ感がないのでうがいをしていても気持ちがよく、うがいをしおわってもスッキリ感が続くのでとてもいいです。持ち運びも便利ですし、朝歯磨きする時間がない時にこれをすればお口の中もスッキリできます。

うがいだけではなく、歯ブラシに数滴をつけてブラッシングをしていただくのもオススメです。最近はジェルコートFを使って歯磨きをした後にコンクールを使ってうがいをしています。おかげで口の中が常にツルツルさっぱりして気持ちがよいです。

是非一度試してみて下さい。

効果
歯周病予防、歯周炎予防、虫歯の発生、進行予防、口臭の防止
成分
グルコン酸クロルヘキシジンは殺菌効果、グリチルレチン酸モノアンモニウムは消炎効果

歯磨き粉は日々のケアで毎日使うものなので、自分にあった歯磨き粉を使いましょう!

SNSでもご購読できます。