歯の磨き方、自己流ではありませんか?

その磨き方、自己流ではありませんか?毎日歯磨きをしているのにも関わらず、虫歯になってしまった…ということはありませんか?

それは、もしかしたら「磨き方」が原因かもしれません

時間をかけて朝昼晩磨いても、間違ったやり方で歯磨きをしていては、しっかりと汚れは取れませんし、治療をしてもすぐに虫歯になってしまいます。

今回は歯の磨き方について簡単にご説明致します。ご自分が自己流で磨いていないか確認してみてください!

歯ブラシの持ち方

歯ブラシの持ち方持ち方は鉛筆を握るように持ち、毛先が広がらないくらいを目安に優しくシャカシャカという音が出るくらいで磨きましょう。

この時ついつい力を入れてガシガシと磨いてしまいがちですが、力を入れて磨いてしまうと歯ぐきなども気づ付けてしまうので優しくを頭に入れて磨きましょう。

歯ブラシの当て方

歯ブラシの当て方歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間に、きちんとあてましょう。

歯ぐきに対しては45度の角度に毛先をあててハブラシを優しく動かしましょう。

汚れが残りやすい場所は歯と歯の間、奥歯のかみ合わせ、歯と歯ぐきの境目、歯並びがでこぼこしている所、生えている途中の歯の所はより丁寧に磨くと良いでしょう。

歯ブラシの動かし方

歯ブラシは常に小刻みに動かし、一本ずつ丁寧に磨きましょう。

時間がある際は鏡を見ながら磨くと良いでしょう

自分の中で順番を決めて磨くと磨き残しがなくなるのでオススメです!

前歯は歯ブラシを縦にして磨くと良く、奥歯は口を少し閉じると歯ブラシが奥まで入り磨きやすくなります。

歯ブラシを替える時期

歯ブラシの交換時期「歯ブラシの毛先が広がってきたら替える」と思っている方は多いと思います。

が、基本的には1か月に1回、歯ブラシを変えるのがオススメです。

もちろん歯ブラシの毛先が広がってきたら変えてくださいね。

歯ブラシ以外の補助用品

ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシもし、歯ブラシを奥歯に入れずらかったら、ブラシの先端が小さくなっているワンタフトブラシがオススメです。

これを使うと奥までも届きますし、細かいところも磨けます。1つあるととても便利でしょう。

こんな時オススメです

  • 歯並びが悪い場所がある
  • 歯周病が進行していて、ポケットに深い部分がある
  • 矯正装置の間の汚れが綺麗に取れない

もちろんワンタフトだけでは不十分ですので、歯ブラシと併用して使いましょう。

フロス

フロストウモロコシを丸かじりした時など、歯磨きをしても、歯と歯の隙間に汚れが溜まってしまい取れない事は良くあると思います。

歯と歯の隙間はなかなか汚れが落ちにくく、歯磨きでは取れません。

そんな時はフロスを使いましょう!

フロスとは、歯ブラシでは届かない 歯の側面についた汚れや、歯と歯の間に入りこんだ食べかすを、きれいに取り除く糸状のものです。

使い方は、だいたい手から肘くらいの長さに切り、人差し指にくるっとまいて、ピンと糸をはり、歯と歯の隙間に通して汚れを取ります。

特に銀歯などの詰め物の周りは汚れが付きやすいため、重点的に磨いたり、フロスをすることをオススメします。

フロスの使い方初めはなかなか難しいと思いますが、毎日しているとだんだん慣れてきて、素早くできるようになるので是非試してみてください。

汚れが取れているのを自分の目で確かめることもできますし、しっかりと取れているとスッキリして気持ちよくなります。

朝昼晩と1日3度使うのが理想的ですが、難しいようでしたら夜だけはやると良いでしょう。お口の中が爽やかな状態で寝ることができますよ。

歯と歯の隙間に食べかすを残したままにしておくと、虫歯の原因にもなるので気を付けましょう。

ちなみに、フロスはポーチに入るくらいの大きさなので、外出時も持ち運べます。

スーパーフロス

スーパーフロススーパーフロスとは、ブリッジがお口の中にある方にオススメです。

ブリッジやインプラントの周辺は、自分の歯よりも掃除がしにくい部分です。

そういう場所に汚れが溜まると口臭の原因にもなりますので、その場合はスーパーフロスを使いましょう。

スーパーフロスは、普通のフロスよりはやり方が少し難しいと思うので、歯医者さんで教えてもらいましょう。

スーパーフロスの使い方

  1. 頬側からフロススレッダーを下側に向かって通す。
  2. スーパーフロスを両方持ちポンティックの下に持っていく。
  3. 溜まっている汚れを取り除く。

まとめ

先生とお客様いかがでしたか?

歯ブラシのやり方の1番良い覚え方は、歯医者に行き、その場で指導を受けることです。

なぜなら、お口の中を診察することで、その人に合った歯ブラシや歯磨き粉を提案できるからです。

「正しい歯磨き」を身につけて、しっかり虫歯を予防しましょう!

SNSでもご購読できます。